完成してから絶対に後悔しない!注文住宅で失敗しないためのコツなどを伝授します!

注文住宅を建てることを人生の最大の目標にしている方もいると思います。
しかし実際には、建ててみたら思っていたのと違ったり、住んでみたら住み心地の悪い家が完成してしまうケースも少なくありません。
そのような思いをしなくても済むように、事前にどのような点を注意するべきなのかを把握することから始めましょう。
こちらではそのような失敗しないコツを伝授していきますので、興味のある方は是非こちらを一読して貰えると幸いです。

完成してから絶対に後悔しない!注文住宅で失敗しないためのコツなどを伝授します!

まず注文住宅で失敗する最大の要因は、建てたい家を建てるための資金が無いことです。
注文住宅を購入する際には、基本的に住宅ローンを組んで購入するのが大半です。
そこで理想の家を建てるためにどれだけの資金が必要なのかを把握せずに、希望だけを先走らせると、残念な結果になります。
ですから、まずは自分がどれだけの資金を調達する事が出来るのかを計算してから、内装を考えることをおすすめします。
そうする事で完成した家を見た時に後悔する事は少ないはずです。

建てて後悔した失敗例から学べる注文住宅

失敗例から学べる事は少なくありません。
例えば勉強等や仕事などでも同様のことがいえます。
逆に成功したことから学べる事はあまりないことで知られています。
それ故、最終的に成功したいならばまずたくさんの失敗をしてみることが重要になることが理解できるわけです。
注文住宅の建築でも同様のことが言えるかもしれませんが、注文住宅で成功するためには、同じような住宅を3回建築した方が良いと言われています。
実際に3回も建築できないかもしれませんが、つまりこれは住宅建築においても何度か失敗してようやく自分の理想とする住宅が建築できることを意味しているわけです。
具体的にどのような失敗が多いかと言えば、例えば間取りがおかしい住宅などがこれに該当するでしょう。
理想的な住宅と考えつつ自分たちの好きなように設計をしてみたところ、非常に使いにくい間取りになってしまうことがあります。
それ以外に考えられる事は、収納が少な過ぎる住宅してしまうことです。
そうすると部屋がものだらけになってしまい、毎日ストレスを食べた生活になるかもしれません。

注文住宅の設計に影響する土地の条件

注文住宅を設計する場合には、土地の形が随分と影響します。
注文住宅の土地は、ある程度広いところであることが必要になりますが、東京都内の場合にはなかなかそのような場所を見つけることは難しくなります。
この場合、少し形の悪い場所などでも我慢しなければならない傾向があるわけです。
この時、どのような形であろうとも、注文住宅を建築する以上はその影響を考えることが必要です。
変形したところだと、建物を建築するにしてもなかなか良い形のものが出来上がりません。
そうすると結果的に、設計が難しくなり費用がかさんでしまう可能性があるわけです。
一般的には、そこまで費用は変わらないと言われていますが、狭小住宅の場合やあまりにも細長い住宅の場合には、やはり設計する場合でも限界があるわけです。
これを考えると、面積や床面積だけで費用を判断することができません。
基本的に、長方形や長方形に近い形のものが良いですが、さらにそういえば正方形のものが良いといえます。

建売住宅より複雑な流れがある注文住宅

建売住宅購入の流れは内覧から申込みまで意外とシンプル、そんな買い方とは一線を引くのが注文住宅であり、流れは若干複雑化します。
どのくらいまで出せるかの予算をまずは考えること、予算の設定をしたら土地探しです。
土地代の相場は不動産情報サイトでも確認ができますし、ハウスメーカーなどへの相談もできます。
土地が決まれば家の建築を任せる建設会社探しを開始、モデルハウスの見学をしたり実際の工事現場を見るなど行動は大事です。
間取りプランと共に見積もりを依頼して、契約内容も確認をします。
最終的に建築会社を決めて費用も決まれば工事請負契約をして、建築プランもより細かく決める段階です。
使う材料をはじめ色柄なども、すべて決めての契約をします。
住宅会社との契約と住宅ローン本審査通過ができれば工事の着工へ、すべて任せるのではなく、時々現場にも足を運んでみることです。
現状を把握できますし、作業する業者との良いコミュニケーションが取れます。
住宅完成後に民間評価機関の完了審査を、最終チェックをして注文住宅の引き渡しになります。

長期化しがちな注文住宅のスケジュール

通常、注文住宅の解約前から引き渡しを受けるまでの時間は、建売住宅等と比較すれば長い時間を要すると言われています。
これは、工事を請け負ってもらう条件のひとつに、施主が敷地を用意する必要があるということにも原因はあります。
建て替えではない限り用意すべき敷地を、探すことから始めなければ工事請負契約も締結できないからです。
敷地が決定し無事契約まで完了しても、次に着工するまでに具体的な打ち合わせを繰り返します。
それらの詳細が決定し建物の着工まで到ったとしても、建築工事は気象条件などにも左右されるため引き渡しまでの日数も予定でしかありません。
工事期間中にも様々な行事もあり役所による現場の検査などもありますので、確実なスケジュールという訳ではないのです。
工事が竣工した場合であっても引渡し前の立ち合いもあり、何も問題が無ければ引き渡しとなります。
以上のような様々な要素が在るため、全体としての工期などは長期化してしまいます。
注文住宅とは新築工事の請負契約になりますので、売買契約を締結する建売住宅とは必要な引き渡しまでの時間は長くなってしまうのです。

著者:高畑一広

筆者プロフィール

大阪府和泉市生まれ。
昨年夢の注文住宅を建設!自分の実体験をもとに、これから注文住宅を購入する人が後悔しないための記事をまとめました。
和泉市 注文住宅